各コマンドの簡単な使い方

[TOP]

$Date: 2004/07/06 14:54:41 $

GR for UNIXを起動するには、次の 3 つのコマンドを順番に起動します。

なお、GR for UNIXの環境では、端末の文字コードがEUC-JPであることを前提としています。

brltty

brltty は、画面情報を点字ディスプレイに表示したり、音声読み上げを行うサーバです。brltty をオプション無しで起動すると、brltty がデーモンとして動作するようになります。

canfep

canfep は Canna サーバと通信して、かな漢字変換を行うソフトウェアです。本プロジェクトでは、canfep に brltty との通信機能を追加し、変換文字の詳細読みや、文節の変更時の音声読み上げ、変換状態での行編集時の差分読み上げなどの機能を提供しています。

次に、簡単な canfep のキーアサインを挙げます。

^O漢字入力の ON/OFF
SPACE変換
^I文節を縮める
^O文節を伸ばす
^F変換対象の文節を右に移動/次の変換候補
^B変換対象の文節を左に移動/前の変換候補
RET一時確定

詳しい操作方法については、Canna のマニュアルを参照してください。

screen

screen は、brltty に対して点字表示や音声読み上げの対象となる、仮想画面情報を提供します。screen の起動後に、点字ディスプレイに表示される文字情報は、screen の端末内に表示される文字情報となります。

また、screen から brltty に対して、ユーザの入力した文字や、プロセスが出力した文字情報が送られ音声化されます。

screen では Ctrl+A で始まる一連のキー操作が、screen 用のコマンドとして用意されています。キー操作については、screen のマニュアルを参照してください。

本プロジェクトで、screen に次のようなキーバインドが追加されています。

Ctrl+A h点字表示位置を HOME に移動
Ctrl+A d点字表示位置を 1 行下に移動
Ctrl+A u点字表示位置を 1 行上に移動
Ctrl+A s現在の行を読み上げる
Ctrl+A t点字表示位置を画面の左上に移動
Ctrl+A m読み上げ中の音声を止める

screen は ~/.screenrc に設定を加えることでカスタマイズできます。.screenrc に次のような brltty 用コマンドを Ctrl+A に続く任意のキーに設定することが可能です。(各コマンドは、brltty 内で CMD_ で始まるコマンドに対応しています)ただしBRLTTY には、これらのコマンドについての十分な解説が用意されていないので、ソースコードのコメントを参照するしかありません。次表は、screenから扱うことのできる機能名と、ソースコードのコメントとして記載されていた機能内容の一覧です。

コマンド名機能内容
bt_attrblinktoggle attribute blinking on/off
bt_attrdngo down to line with different attributes
bt_attrupgo up to line with different attributes
bt_attrvistoggle attribute underlining on/off
bt_backreturn to destination of most recent explicit motion
bt_botgo to bottom line
bt_bot_leftgo to bottom-left corner
bt_capblinktoggle capital letter blinking on/off
bt_chrltgo left one character
bt_chrrtgo right one character
bt_csrblinktoggle cursor blinking on/off
bt_csrhidetoggle hide of cursor on/off
bt_csrjmp_vertvertically route cursor to top line of window
bt_csrsizetoggle cursor style block/underline
bt_csrtrktoggle cursor tracking on/off
bt_csrvistoggle cursor visibility on/off
bt_detail_voicevoice the given detail string. This command takes string data
bt_dispmdtoggle display attributes/text
bt_freezetoggle screen frozen/unfrozen
bt_fwinltgo left one window
bt_fwinltskipgo left to non-blank window
bt_fwinrtgo right one window
bt_fwinrtskipgo right to non-blank window
bt_helptoggle help mode on/off
bt_homego to cursor
bt_hwinltgo left half a window
bt_hwinrtgo right half a window
bt_infotoggle info mode on/off
bt_learnenter command learn mode
bt_lnbeggo to beginning of line
bt_lndngo down one line
bt_lnendgo to end of line
bt_lnupgo up one line
bt_menu_first_itemgo to first item in menu
bt_menu_last_itemgo to last item in menu
bt_menu_next_itemgo to next item in menu
bt_menu_next_settingchange value of current item in menu to next choice
bt_menu_prev_itemgo to previous item in menu
bt_menu_prev_settingchange value of current item in menu to previous choice
bt_mutestop speaking immediately
bt_mute_detailmute detail voicing
bt_mute_voicemute voice
bt_nxdiflngo down to line with different content
bt_nxpgrphgo to first line of next paragraph
bt_nxpromptgo to next command prompt
bt_nxsearchsearch forward for content of cut buffer
bt_pasteinsert cut buffer at cursor
bt_prdiflngo up to line with different content
bt_prefloadrestore saved preferences
bt_prefmenupresent preferences menu
bt_prefsavesave current preferences
bt_prpgrphgo to last line of previous paragraph
bt_prpromptgo to previous command prompt
bt_prsearchsearch backward for content of cut buffer
bt_restartbrlreinitialize braille driver
bt_restartspeechreinitialize speech driver
bt_say_abovespeak from top through current line
bt_say_belowspeak from current through bottom line
bt_say_linespeak current line
bt_sixdotstoggle text style 6-dot/8-dot
bt_skpblnkwinstoggle skipping of blank windows on/off
bt_skpidlnstoggle skipping of identical lines on/off
bt_slidewintoggle sliding window on/off
bt_spkhomego to current/last speech position
bt_switchvt_nextswitch to next virtual terminal
bt_switchvt_prevswitch to previous virtual terminal
bt_topgo to top line
bt_top_leftgo to top-left corner
bt_tunestoggle alert tunes on/off
bt_voicevoice the given string. This command takes string data.
bt_windngo down several lines
bt_winupgo up several lines


[TOP]

Copyright (C) 2003-2004 Jun Ishikawa and CYPAC Co., Inc.