動作環境設定

[TOP]

$Date: 2004/07/06 14:54:41 $

brltty, canfep, screen を動作するには次のような環境設定が必要です。

デバイス属性の設定

次の操作を行うことで、brlttyをset uidしないで使用できます。

1. /etc/group を編集し brltty を使うユーザID を tty グループに追加します。

2. 次に次のようなコマンドを実行してデバイスファイルに関するアクセス権を設定します。

# chmod g+r /dev/vcs*
# chgrp tty /dev/console
# chmod g+rw /dev/console

共有ライブラリのパス

LD_LIBRARY_PATH の環境変数に、クリエートシステムの音声合成ライブラリのパスをセットします。

LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/synth/lib

csh を使用している場合には、.cshrc に次のような行を記述すると良いでしょう。

setenv LD_LIBRARY_PATH /usr/local/synth/lib

また、bash を使用している場合には、.profile 等に、次のような行を記述するようにします。

LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/synth/lib
export LD_LIBRARY_PATH

brltty 設定(/etc/brltty.conf)

brltty の動作は、/etc/brltty.conf のファイルによってカスタマイズ可能です。

点字ディスプレイの指定

/etc/brltty.conf では # から行末まではコメントと扱われます。/etc/brltty.conf の次の個所から、使用する点字ディスプレイに該当するドライバのコメントを外し、設定を有効にします。点字ディスプレイドライバが接続されていない環境の場合には、点字ディスプレイドライバの指定を全てコメントアウトしておきます。

#braille-driver al # Alva
#braille-driver bl # BrailleLite
#braille-driver bn # BrailleNote
#braille-driver cb # CombiBraille
#braille-driver ec # EcoBraille
#braille-driver eu # EuroBraille
#braille-driver ht # HandyTech
#braille-driver kg # KGS BM16/BN46X
#braille-driver lt # LogText
#braille-driver mb # MultiBraille
#braille-driver md # MDV (protocol 5)
#braille-driver mn # MiniBraille
#braille-driver pm # Papenmeier
#braille-driver ts # TSI
#braille-driver va # Vario/RBT (emulation 1)
#braille-driver vd # VideoBraille
#braille-driver vh # Vario/RBT (emulation 2)
#braille-driver vo # Voyager
#braille-driver vs # VisioBraille

なお、braille-driver bn # BrailleNoteはKGS社のブレイルノート用ドライバではありませんので、注意して下さい。(現時点ではBRLTTY Plus はブレイルノート 46c/dには対応していません。)

次のようにして点字ディスプレイを接続する I/O デバイスを指定します。

braille-device ttyS0 # Primary Linux serial port (old-style).

この他の点字ディスプレイに固有なオプションに関しては、brltty のドキュメントを参照して設定するようにしてください。

音声合成ドライバの設定

次の個所から使用する音声合成ドライバを選択します。ここではクリエートシステムの音声合成ライブラリを選択しています。

#speech-driver al # Alva
#speech-driver bl # BrailleLite
#speech-driver cb # CombiBraille
#speech-driver es # ExternalSpeech
#speech-driver fv # Festival Text to Speech Package
#speech-driver gs # GenericSay (pipes to /usr/local/bin/say)
#speech-driver tv # Televox
#speech-driver vv # ViaVoice Text to Speech System
speech-driver cs # CreateSystems

Create System Development ドライバーの設定

Create System Development ドライバー固有の設定としては、以下のような指定が可能です。

# CreateSystems Development ドライバーを利用する
speech-driver	cs
# 音声合成用の読み辞書
speech-parameters LangDic=/usr/local/synth/dic/wd2k03.dic
# 音声合成用の音声データ
speech-parameters PcmDic=/usr/local/synth/dic/HIGH16.VSD
# デバッグ用のログファイル 通常は使わない
# speech-parameters LogPath=/tmp/log.cr
# 出力用のサウンドデバイス
speech-parameters PcmDevice=/dev/dsp
# 読み上げのスピードを指定します。0-9 までの数値で指定します。
speech-parameters Speed=2

speech-parameters Speed= の値は0から9までが指定可能で9が最速です。

KGS BM16/BN46X ドライバーの設定

KGS BM16/BN46X ドライバーを利用するためには、以下の設定が必要です。

# KGS BM16/BN46X ドライバーを利用する
braille-driver	kg	# KGS BM16/BN46X

BM16/BN46X 上のキーには、以下のように機能が割り当てられています。

ESC消音
情報現在の行を読み上げる
BS最後の行に移動
左シフト+BS先頭の行に移動
DEL未定義
INS未定義
CHANGE未定義
OK未定義
SET未定義
矢印キー
一行上に移動
一行下に移動
一文字左に移動
一文字右に移動
タッチカーソルキーその位置に移動
ディスプレイキー
数行上に移動
数行下に移動
左のウィンドウに移動
右のウィンドウに移動

screen

screenは環境変数LANGによって動作を変えます。現在の実装では、LANGの環境変数をセットしないで、screenを起動することを前提としています。(今後、この問題は修正する予定です)

シェルにbashを使用している場合には、

unset LANG
screen

のようにしてscreenを起動してください。

シェルにtcshを使用している場合には、

unsetenv LANG
screen

のようにしてscreenを起動してください。


[TOP]

Copyright (C) 2003-2004 Jun Ishikawa and CYPAC Co., Inc.